電話占いは信頼できる?

占いを受ける人にとって、その占いかたが、あるいは占い師が、信用できるのかというのは、重要な問題です。極端な話、素人の占いにお金を出そうとは思いませんよね。それと同じで、自称プロにお願いするのでも、その人が本当に人を占う能力を持っているのかどうか、これを疑問視する方も多いのではないかと思います。

電話占いは、手軽にできる占いとして人気ですが、それはどの程度信用できるものなのか。一概には言えませんが、おそらく、ある程度は信頼できるものだと私は考えます。その理由は、電話占いを提供する会社には、厳しい採用試験があるからです。

そのような電話占い会社には、毎月100人とかそのくらいの、多数の人物から応募があります。しかしその中で採用されるのは、ほんの1、2%です。本当に実力があって、実績もあって、かつ占いの内容が正確でないと、雇ってもらうことができないんですね。もちろん100人応募してきて採用は0人ということもあるでしょう。電話占いの会社に在籍している占い師は、その厳しい試験に合格した人だけですから、ある程度は信用できると言えるのです。

それらのサイトを見ていただければわかりますが、所属している占い師は、占い歴10年、20年という方がほとんど。大半が「ベテラン」なんですよね。それだけ占い業をつづけていられるのは人気があるからで、人気があるということは、それなりに当たる占いをする人だと言えるわけです。

ただし鵜呑みにはしないこと

ただし占い師の言うことを、すべて信用し、全面的に認め、鵜呑みにしてしまうようなことは、避けたほうがよいでしょう。何故なら、電話占いのその「試験」というのがまったくの嘘である可能性もありますし、占い師の実績というやつも、でまかせである可能性がぬぐいきれないからです。

もし占い師の能力が本物で、本当に未来を完璧に寸分の狂いなく見通せる力を有しているのであれば、占い師の地位は国会議員などよりも上にあるはずです。世の中の困りごとはほとんどすべて消え、戦争はなくなり、経済は良くなり、人間が何かに悩むことはなくなるはずです。でもそうはなっていないですよね。それはつまり、占い師にも「偽者」は多数いるということです。

また、たとえその占い師に本当に何か超能力めいたものがあるのだとしても、その力ですべてを見通せるわけではないということです。はずれてしまうことだってあるわけですね。ですから、占い師の言うことは、一種のアドバイスと思って、最後は自分で決定を下すことが大事です。電話占いに限らず、占いを利用するときには、そのことに気をつけてくださいね。