青汁というと苦そうである、まずそうであるという印象を持つ人がいます。しかし最近は青汁にもバリエーションがあり、飲みやすい物が増えているのですね。つまり、苦そう、まずそうという印象を覆すような青汁もあるのです。そんな青汁を飲んでダイエットする方法があります。そのために青汁を敬遠していた人にも是非飲んで実感してほしいです。

先ず青汁の何がダイエットにいいのかというと、青汁は基本的に野菜を原料として作られているものなので、食物繊維が豊富なのです。その食物繊維は、便秘にきいてお腹の中をスッキリ、そしてダイエットの効果が出てくるのですね。女性は男性に比べると、筋肉量が少なく腹圧が弱いです。そのためにお腹がたるみがちとなり、便秘になった時もお腹がぽっこりという状態になってしまうのです。

しかし体内に食物繊維を取り入れることで、腸の動きはよくなりますし、排便もスムーズにしてくれます。これまでたまっていた宿便も排泄されるので、お腹はスッキリです。また腸内に便がとどまっている時間が長いと、その毒素が体を巡り、その結果肌荒れを起こすこともあります。しかし腸内をスムーズに通過する様になるので、毒素を吸収することもありません。その結果、肌荒れ等も改善され、女性にとっては二重の喜びになるのですね。

もう一つ青汁で注目したいところは酵素が入っているということです。酵素というのは、私たちが生きていくうえで欠かせない物です。私たちの代謝を助けてくれるのですね。酵素そのものに痩せるという働きはありません。しかし酵素を取ろうと、青汁を飲んだり、ほかの食事に気を付けようとする行動の見直しこそが、ダイエットの本質になるのです。

そしてダイエットの大敵である、むくみ。これも筋肉量が多く、血液循環量が多い男性よりも女性はむくみやすい体質であるといえます。むくみを予防するためには、塩分を摂取しないこと。もしくはカリウムなどを取って排泄を心掛けることというのが大切です。しかし塩分を摂取しないというのは、非常に難しいですね。現在の食生活では嗜好品の中にも含まれますし、どちらかというと過多傾向にあるのが普通です。

またカリウムを含むものとしてはキュウリやバナナといった物がありますが、これを意識的に摂取するのも継続は難しいかもしれません。しかし青汁を飲むことによって、カリウムを十分に摂取することが出来たらどうでしょうか?毎日の習慣で飲めば、自然とむくみも解消できる体になるのです。その意味でむくみを改善した分体重を減らす効果があるのです。